1.30.2020

意味と無意味の間

少し前から気になっていた、イタリアの美術家・建築家・工業デザイナー、ルイジ・セラフィーニの「Codex Seraphinianus」をゲット。世界の奇書の一つに称される本です。



翻訳者の端くれとしては、この本の文字体系が謎めいた外国語などではなく、最初から何ら意味をなしていないことにむしろシビれます(笑)。かといって、意味のない本なのかというと、そうではなく...

理解されることを最初から放棄している、あるいは理解されることから完全に自由な表現とは。理解すること、されること、認知とはどういうことなのか...
数十万年後、いや数百年後でもいいでしょう、私たちの言語を誰かがこんなふうに目にすることがあるのか。

いろいろとインスパイアされる本です。
しかし、大きい!ここまで大きくて、400ページ近くもあるとは、注文した時には考えてもいませんでした。といっても、どこかに情報はあったはずですが...
書かれていても、認識していない、見えていない。そんなもう一つの現象もここに(苦笑)


4.01.2019

10周年

ブログでは大変ご無沙汰してしまいました。
日本では新元号「令和」が発表された本日2019年4月1日、ロゴス・ヘルシンキは設立10周年を迎えました。
お陰様で有り余るご愛顧をいただき、反省や失敗もあるものの、常時(常時!)多忙のうちにここまで来ることができました。関係者各位に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

11年目最初の今日は、こんな場所でお仕事させていただいております。その名も「Black Box」。
さて...



引き続き、お役に立てることを願いつつ、淡々とお仕事と向き合う旅を続けていければと思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。




12.03.2015

夜長



 

今年はまだ初雪が降らないヘルシンキから、こんばんは。
12月に入りました。
諸々のデスクワークが大詰めを迎えており、ついつい夜が長くなってしまいます。

大小の翻訳案件数件を抱えているなか、一件は以前お引き受けしたことのあるテーマの発展形ということで、昨年の成果物が掲載されているページをご紹介いただきました(今年もこれと対応させてください、ということです)。

翻訳者であれば、広いネットの世界のどこかに自分の原稿が載っているのはまあ普通だとは思うのですが、おお・・・改めて見ると、正直なかなか深いところに届いている情報ではあります。
掲載先が申し上げられないのが残念ですが。

今も夜が深まってきてしまっていて、心身共に疲れていますが、この調子で進みたいと思わされたのでありました。

ちなみに、上の素敵な窓は、現在ハウスミュージアムとなっているフィンランドを代表する建築家、アルヴァ・アールトの自邸で最近撮影したものです(残念ながら私の家ではなく・・・泣)。
仕事の関係で年間で最も頻繁に行くミュージアムの一つなのですが、こういう時間帯に来たのは初めて。当時の家というのはこんなに暗いものだったのかとはっとさせられ、谷崎潤一郎の「陰影礼賛」が頭をよぎりました。

陰影礼賛は昭和8年、この家は昭和11年に完成しているそう。

と、日フィンを私なりに繋いでみたところで、また。


11.11.2015

近況


こんばんは。

今年も11月に入り、1年の終わりが見えてきました。
今年は前半は翻訳業務で徹夜が続き、夏から秋にかけてはやや予定調和的な仕事が多かった気もしますが、あまり体調が良くなかったのでそれはそれで有り難く、お休みも多少頂戴し、これから年末に向けては、少し内容の詰まった仕事が続きそうです。

現在はある学術調査のためのコーディネート業務(この口当たりよく中身の薄い言葉が以前からどうも好きではないのですが・・・要するにアポ取りですよね)、そして少しでも時間があれば、締め切りが徐々に見えてきた大口翻訳プロジェクトなどを中心に取り組んでおります。
また、詳細はまだよくわからないのですが新しいプロジェクトにもスカウト?され、行方を見守っているところです。



ヘルシンキも外は大分日が短くなってきました。ちなみに、今日11月11日のヘルシンキの日照時間は7時間51分とのこと。
日の出が午前8時8分、日の入りが15時59分です。
外が暗いと、休憩タイムのコーヒーカップにもつい明るい色を選びたくなります。
フィンランドに来たばかりの頃は派手な色の食器を使う感性が理解できませんでしたが、今はよく分かります。

ところで先日、お手伝いさせていただいたガイドブックをご紹介させていただきましたが、最近この本を持っている旅行者の方を時々街で見かけます。今度、名乗り出て写真でも撮らせていただこうかと思ったりしています・・・(笑)

自分が提供する情報はどこに行き、どんな影響を持つことになるのか。
インタビュー先から時々言われる言葉です。私自身はそんな情報の媒介役になっているだけに過ぎないのですが、やはり同じことは気にしています。情報の届く先を見据えてお仕事できればと思っています。

ということで、年末まで忙しくなりそう。体調を整えて臨みたいと思っております。

では、また!

9.26.2015

テロ・サーリネン・カンパニー「Morphed」

こんにちは。

今日はある研修に参加する予定だったのですが、今月上旬から引きずっている、長引く風邪にてついにダウン。楽しみにしていただけに大変残念ですし、研修の参加費用も払わないといけません。
ですが、来る第4四半期を乗り切るためにも、ここは休むべきときなのかもしれません。

さて最近のお仕事として、さる6月に彩の国さいたま芸術劇場で開催された、フィンランドを代表するダンスカンパニーであるテロ・サーリネン・カンパニーの「Morphed」日本公演に関する日本語関連のアフターケアを、ヘルシンキにて少しだけですがお手伝いさせていただきました。





音楽は、世界のクラシック音楽界のスーパースターの一人ともいえるフィンランドの作曲家・指揮者、エサ=ペッカ・サロネン。輝きある、ダイナミックでスケールの大きな音響が私も好きです。ホルンを専攻していたというバックグラウンドに、なるほどと思わされます。

芸術の秋、心も身体もリフレッシュさせたいものです。