7.07.2021

【転載】「海外在留邦人・日系人の生活・ビジネス基盤強化事業」

こんにちは。突然ですが、この7月からフィンランドにて日本政府の委託による掲記の支援事業が始まっています。フィンランド在留邦人向けの情報になりますが、フィンランド日本人会からの情報を転載させていただきますので、お役立ていただけますと幸いです。

 ・・・・・

 平素よりお世話になっております。 今年もフィンランドの暑い夏がやって参りました。皆様無事に健康でお過ごしですか? この度、当フィンランド日本人会は、「海外在留邦人・日系人の生活・ビジネス基盤強化事業」に関する以下の2つの事業を外務省に申請し、承認がおりましたので、7月から実施することになりました。 


 日本及びフィンランド両国の新型コロナウイルス感染状況及びワクチン接種状況、各種規制情報、日本帰国時に実施される検疫措置・必要書類・事前準備などの情報を日々更新していきます。




毎月第1火曜日19時〜20時、第3土曜日10時〜11時、Zoomを使用して、在留邦人の皆様を新型コロナに関する公共サービス(PCR検査申し込み、ワクチン接種予約等)に個別に日本語で繋げる事業です。時間が限られております為、事前予約優先で順次ご案内いたします。ご予約フォーム、詳細は日本人会HPをご覧ください。


(転載終わり) 
・・・・・ 

 ■Zoomコロナホットラインの開催日時
※ホットラインは日本人会の会員・非会員を問わずご利用になれます 

                                            第1火曜日            第3土曜日 
                                            19:00~20:00     10:00~11:00
                            2021年
                                7月              6日                    17日
                                8月              3日                    21日
                                9月              7日                    18日
                                10月            5日                    16日
                                11月            2日                    20日
                                12月            7日                    18日

1.30.2020

意味と無意味の間

少し前から気になっていた、イタリアの美術家・建築家・工業デザイナー、ルイジ・セラフィーニの「Codex Seraphinianus」をゲット。世界の奇書の一つに称される本です。



翻訳者の端くれとしては、この本の文字体系が謎めいた外国語などではなく、最初から何ら意味をなしていないことにむしろシビれます(笑)。かといって、意味のない本なのかというと、そうではなく...

理解されることを最初から放棄している、あるいは理解されることから完全に自由な表現とは。理解すること、されること、認知とはどういうことなのか...
数十万年後、いや数百年後でもいいでしょう、私たちの言語を誰かがこんなふうに目にすることがあるのか。

いろいろとインスパイアされる本です。
しかし、大きい!ここまで大きくて、400ページ近くもあるとは、注文した時には考えてもいませんでした。といっても、どこかに情報はあったはずですが...
書かれていても、認識していない、見えていない。そんなもう一つの現象もここに(苦笑)